ウォーキングデッド

【ウォーキングデッド】ゲイブリエル役の俳優は逮捕歴がある!?

ウォーキングデッド ゲイブリエル

「ウォーキングデッド」の主要キャラクターであり、シーズン5から登場している神父・ゲイブリエル。

登場時その性格の為、リック達から嫌われていましたが、シーズンを重ねるにつれ、徐々に成長を見せ始めていますね。

そこで今回は、そんなゲイブリエルを演じている「セス・ギリアム」さんについて、ご紹介していきたいと思います。

ゲイブリエル役の俳優セス・ギリアムの経歴

ウォーキングデッド ガブリエル

セス・ギリアムさんは、1968年11月5日生まれの現在49歳(2018年時点)

ニューヨーク出身のアメリカの俳優です。

ニューヨークにある演劇で有名な州立大学パーチェス校出身です。

この為、若い頃から、既に役者を目指しておられたのではないかと思われます。

1990年頃から俳優として活動されており、ゲスト出演や端役など、地道にキャリを積まれた為、ウォーキングデッド以前にも有名作品に出演しているベテラン俳優です。

出演作品一覧

映画(原題表記)

1993年「Joey Breaker」の「Jeremy Breaker」役で出演。
1993年「Mr. Wonderful」の「ER Doctor」役で出演。
1994年「The Hardest Part」の「Derek」役で出演。
1995年「Jefferson in Paris」の「James Hemings」役で出演。
1996年「Courage Under Fire」の「Altameyer」役で出演。
1997年「Starship Troopers」の「Sugar Watkins」役で出演。
1997年「Tar」の「Tyrone」役で出演。
2000年「Punks」の「Marcus」役で出演。
2002年「Personal Velocity: Three Portraits」の「Vincent」役で出演。
2005年「The Great Wonderful」の「Clayton」役で出演。

と、2005年までに12作品の映画に出演されており、以降も7作品の映画に出演されています。

なかでも有名なのが、1997年に公開された「スターシップ・トゥルーパーズ(実写版)」の「シュガー・ワトキンス」役です。

テレビドラマ

1990年「The Cosby Show」でテレビドラマ初出演を飾り、計3話に出演しています。
1992年には「LAW&ORDER」に出演し、以降2007年までこちらのシリーズにゲスト出演を継続しています。
2002年に「ザ・ワイヤー」のシーズン1にゲスト出演し、シーズン3からレギュラーとなります。
こちらもシーズン5(2008年)まで継続して出演。

ちなみに、この時の役が目に留まり、ウォーキングデッドに出演する機会になったそうですよ。

奥さんや子供は?

ゲイブリエル

まだ日本では情報が余りないセス・ギリアムさんですが、演出家をされている「リア・C・ガーディナー」さんとご結婚されているようです。

ただ、お2人の出会いや結婚時期などについては分かりませんでした。

また、お子さんの有無についても情報がありませんでしたので、公開されていないのか、いらっしゃらないのかもしれませんね。

セス・ギリアムさん逮捕される!?

セス・ギリアムさんは、ウォーキングデッドのシーズン5終了後に、ハイウェイを時速172km程で走行されていたところ、警察官に声をかけられます。

その時、明らかに様子がおかしいセス・ギリアムさんを見て、飲酒運転だった事が分かった他、車内にマリファナの匂いが充満していた為、調べたところマリファナを発見。

これにより「スピード違反」「飲酒運転」「薬物所持」の罪で逮捕されますが、保釈金を支払った為、釈放となりました。

日本では、釈放になったといえ、今まで通り役を継続する事が難しいのですが、そこが海外なのか文化の違いを感じれるエピソードでしたね。