ウォーキングデッド

【ウォーキングデッド】ローリ役の女優サラの経歴や裏エピソード!

ウォーキングデッド ローリ 女優

アメリカのみならず国内でも大ヒットドラマ「ウォーキングデッド」

その中で、ローリ役を演じているのが、サラ・ウェイン・キャリーズさんです。

プリズン・ブレイクで注目された女優でもありますね。

ここでは、サラ・ウェイン・キャリーズさんについて、ご紹介していきたいと思います。

ローリ役の女優サラの経歴

ウォーキングデッド ローリ役

サラ・ウェイン・キャリーズさんは、1977年6月1日生まれの現在40歳(2018年時点)

イリノイ州出身のアメリカの女優です。

ご両親は、大学教授をされているそうで、1歳の時にハワイのホノルルに引っ越しされています。

高校卒業後に、ハノーバーのダートマス大学で、勉学を学びながら演劇にも携わっていました。

2003年にNBCのドラマに出演するチャンスを掴みます。

そして、2005年大ヒットした「プリズン・ブレイク」に出演。

しかし、家族との時間が取れない事や妊娠などを理由に2007年に降板

その後、プリズン・ブレイクのシーズン4で復帰しています。

他の出演作品

2006年に公開された「聖なる予言」にて、映画デビューを果たします。

その後「フェイシズ」「イントゥ・ザ・ストーム」「ペイ・ザ・ゴーストハロウィンの生贄」といった映画に出演。
 

テレビドラマでは「2003年のLAW&ORDER:性犯罪特捜班」への出演を機に「NUMBERS天才数学者の事件ファイル」「プリズン・ブレイク」「Dr.HOUSE」などに出演。

なかでも「プリズン・ブレイク」では、メインキャストとなる「サラ・タンクレディ」を演じ、注目を浴びています。

サラは結婚してる?

ウォーキングデッドでは、リックの妻であるローリを演じているサラ・ウェイン・キャリーズさんですが、実生活では2005年の6月にご結婚されています。

お相手の方は、2002年の7月に、大学時代に出会った「ジョジュ・ウィンターホルト」さんという一般男性の方です。

そして結婚から2年後となる2007年7月に、お2人の第一子となる女の子が誕生しています。
 

この為、プリズン・ブレイクでメインキャラを演じていたのですが、降板しています。

ウォーキングデッド ローリ

ちなみに、メインキャラのサラが抜けてしまったプリズン・ブレイクですが、シーズン3では、サラが抜けた後、おかしくならないようシナリオが変更されたそうですよ。

ですから見ていた方は、ご存知かと思いますが、不自然さを感じない内容となっています。

仲のいい共演者

プリンズ・ブレイクで共演した「マイケル・スコフィールド」さんや、ウォーキングデッドで、ローリの夫役のリックを演じた「アンドリュー・リンカーン」さんと、仲がいいそうです。
リック役を演じる俳優の経歴や共演者EP!

どちらもドラマでの共演がきっかけで親しくなったようですね。

ちなみに、サラ・ウェイン・キャリーズさんは、ウォーキングデッドの序盤で降板されていますが、その際、一番つらかったのは「共演者たちと会えなくなること」だったそうです。

それだけ、親しくされていた事が伺えますね。

海外ドラマは、シリーズものが多く日本のドラマと比べて撮影日数も圧倒的に長くなりますので、共演者同士で親しくなるケースが多いですね。

ウォーキングデッドではキャストがものすごく多いですが、みんな仲が良いことで有名です。

ウォーキングデッドでの最後は直談判

ウォーキングデッドでローリ役を演じているサラ・ウェイン・キャリーズさんですが、同作のドラマで初の「母親」役を演じておられます。

その際、原作では、生まれたばかりの子供を腕に抱いた後息絶える。という設定でしたが、ドラマ版では展開が大きく異なりました

その展開というのが、子供を出産後、ゾンビになる前に息子のカールに頭を撃たれ死亡するという衝撃的なラストです。
カール役の俳優チャンドラーの経歴やEP!
 

ローリ 最後

実はこの展開になるよう脚本家を説得したのが、サラ・ウェイン・キャリーズさんご本人だったんです。

サラ・ウェイン・キャリーズさん曰く「ローリの死は、リックに影響を与える」

「他の方法では、それはできない。いつか殺さなければいけないんだから」と、説得されたのだとか。

降板=出演しない事になる中で、ドラマの為に、あえてこの選択をする女優さんて、珍しいですよね。

女優として終えた後は、「大学に行って、演技や演劇を教えたい」というプランをたてられている堅実な方だからこそ、出来た選択なのかもしれませんね。