ウォーキングデッド

【ウォーキングデッド】シーズン4前篇のあらすじ(ネタバレ注意)

ウォーキングデッド シーズン4 あらすじ

ウォーキングデッド シーズン4前篇のあらすじや登場人物、キャストなどを紹介します。

一部ネタバレとなりますので、まだ見てない方は注意してください。

シーズン4の登場人物・キャスト

ウォーキングデッド シーズン4からの登場人物とキャストを紹介します。

シーズン4以前の登場人物やキャストは下の記事を参考にしてください
シーズン1の登場人物・キャスト
シーズン2の登場人物・キャスト
シーズン3の登場人物・キャスト
 

⇒ジュディス・グライムズ(子役 シーズンによって違う)
⇒ボブ・ストゥーキー(ローレンス)
ボブ役の俳優の経歴や代表作は?
⇒ミカ・サミュエルズ(カイラ・ケンディー)
⇒リジー・サミュエルズ(ブライトン・シャービノ)
リジー役を演じた女優の経歴や出演作品!
⇒ライアン・サミュエルズ(ビクター・マッケイ)
⇒パトリック(ヴィンセント・マーテラ)
⇒タラ・チャンブラー(アラナ・マスターソン)
タラ役を演じる女優の経歴と妊娠中のEP!
⇒リリー・チャンブラー(オードリー・マリー・アンダーソン)
⇒メーガン・チャンブラー(メイリック・マーフィー)
⇒デイビッド・チャンブラー(ダニー・ヴィンソン)
⇒エイブラハム・フォード(マイケル・カドリッツ)
エイブラハム役を演じる俳優マイケルの経歴や出演作!
⇒ロジータ・エスピノサ(クリスチャン・セラトス)
ロジータ役を演じる女優の経歴や結婚相手は?
⇒ユージーン・ポーター(ジョシュ・マクダーミット)
ユージーン役の俳優の経歴や素顔とは?
⇒ギャレス(アンドリュー・J・ウェスト)

他キャラクター割愛

シーズン4は全部で何話?

ウォーキングデッド シーズン4 ネタバレ

シーズン4は、全部で16話構成

第1話 嵐の前の静けさ 43分
第2話 新たな脅威 43分
第3話 集団感染 43分
第4話 傷だらけの絆 43分
第5話 遠のく希望 43分
第6話 葬られた過去 43分
第7話 蘇る過去 43分
第8話 最後の決戦 43分
第9話 そして、独りに 42分
第10話 生存者たち 43分
第11話 危険なよそ者 42分
第12話 本音の杯 43分
第13話 孤独と温もり 43分
第14話 正気な狂気 43分
第15話 トンネルの彼方へ 43分
第16話 終着駅 43分

全話:11時間26分

シーズン4前篇のあらすじ

ここではウォーキングデッドのシーズン4前篇(第1話~第8話)までのあらすじを紹介します。
※おさらいをしたい方向け

完全にネタバレとなりますので、まだ見てない方はご注意ください。

ザックリと話の流れを知りたい方はOKです。

シーズン3後編のあらすじは、こちらをチェック
【ウォーキングデッド】シーズン3後編のあらすじ

第1話:嵐の前の静けさ

・ウッドベリーの総督達との戦いが終わり数ヶ月、迎え入れたウッドベリーの住人たちと刑務所内で平和な暮らしをしている

・外では相変わらずウォーカーがたくさんいるが、敷地内の広場では作物を作り、豚を育てて不自由のないような生活

・無限のように集まってくるウォーカーは、ひたすらフェンス越しに倒している

・ミショーンは総督を探しに度々遠征している

・ダリルは近くにショッピングセンターを見つけたので7人で物資の調達に行く

・しかし、その建物の屋上には多くのウォーカーと不時着したと思われるヘリ、これにより天井は脆くなっている

・中で物資の調達をしていると棚が崩れてボブが下敷きに、その音に寄り集まったウォーカーの重みで天井が破れて次々とウォーカーが落ちてくる

・ウォーカーと交戦していると、今度はヘリが落下しそうに

・下敷きになっていたボブを救出するが、1人の青年が犠牲になる(ベスの恋人)

・残りは無事に帰還し、ダリルがベスに青年のことを伝える

・そしてその夜、体調が悪いと言っていたパトリックが洗面所で倒れ込み死亡、ウォーカーへと変化する
第1話終了

第2話:新たな脅威

・夜中ウォーカーになってしまったパトリックは、フラフラと歩いてみんなが寝ている独房へ行き、一人が犠牲になる

・早朝にリックとカールが目覚めた時、パトリックに食べられた人がウォーカーになり、パトリックと共に歩き出す

・そのウォーカーが襲い始めてパニックになるが、ダリルたちで何とか殲滅する(数名が犠牲に)

・一段落するとパトリックだけがどこにも噛まれた跡がないことに気付き、ドクターに見てもらうと吐いた血で窒息死した可能性があると言う

・広場の豚も突然死したことからウイルスによる感染を疑い、除染や隔離を行う

・タイリースの恋人カレンもひどい咳をしていたので隔離

・そんな時、集まってきたウォーカーの大群でフェンスが倒れそうになり、その対処に追われる

・何とか食い止めた後、タイリースは恋人カレンとデイビットの2人が焼死している現場を目撃してしまう
第2話終了

第3話:集団感染

・タイリースはカレンが殺されたことに怒り狂い、なだめるリックに暴行し殴り合いに

・サシャとドクターSも感染し隔離、後にグレンも感染

・インフルエンザの集団感染を食い止めるためにダリルとミショーン、ボブ、タイリースの4人で遠くの医療施設へ薬の調達にいく

・道中、ウォーカーの超大群が現れて車を取り囲まれそうになり、森へ逃げる

・一方、刑務所ではリックがカレンとデイビッドの焼死事件の真相を突き止める

・キャロルが犯人だと疑い、本人に問いただすと、キャロルはあっさりと認めた
第3話終了

第4話:傷だらけの絆

・リックとキャロルで物資の調達(薬がメイン)に出る

・住宅街へ着き、家を一軒一軒回って薬の調達していると生存者2名と出会う

・2人を刑務所に連れていく事にするが、自ら物資の調達を手伝いたいと志願するので、手分けして探すことに

・一方、ダリル達は民家で車を手にして再出発する

・やっと医療研究所に到着して、必要な薬等をバッグにいれる

・しかし、帰ろうとするとウォーカーに遭遇し、脱出に必死、なんとか2階の窓から脱出

・リックとキャロルは調達を終えるが、出会った2人の内1人が死んでいることを確認する

・もう1人は集合場所に帰って来ず、行方不明。リックとキャロルは刑務所へ戻ろうとするが

・キャロルがカレンとデイビッドを焼死させた件について、感染を防ぐためという事はリックも分かっているが、今回の調達でのキャロルの言動や態度から、これ以上一緒に生活はできないと判断し、キャロルに刑務所から離れてもらうようにする
第4話終了

第5話:遠のく希望

・ハーシェルと感染しているサシャとグレンが隔離棟でみんなの応急処置をしているが、すでに3名の犠牲者

・リックは帰還し、ハーシェルと話した後、マギーとフェンスの修復作業

・すると隔離棟では、次の犠牲者がウォーカーとなり残りの人たちを襲い始めた

・駆けつけたマギーとハーシェルで絶体絶命のピンチを乗り切るが、グレンは感染症で今にも死にそうな状況、2人で必死の応急処置をする

・そんな時、外ではついにフェンスが倒れ、リックとカールはマシンガンで殲滅

・隔離棟とフェンスのピンチを脱した時、ダリル達が帰還する

・持ってきた薬でみんなの容体は少しづつ回復していく
第5話終了

第6話:葬られた過去

・ここからしばらく総督の話

・総督はシーズン3で行方をくらました後、仲間のマルチネスにも見放されて一人で翻弄していた

・まるで廃人のような総督は、マンションの1室に行くとチャンブラー家が暮らしていた

・総督はブライアンと名乗り、1日住まわせてもらうことに

・ブライアンはチャンブラー家の頼み事(おもちゃや酸素ボンベの調達)を聞いてあげたため、信頼される

・仲良くなり数日過ごしたのち、出ていこうとすると着いていくと言い出し、結局4人で旅立つことに(おじいさんのデイビッドは病気で死亡)

・途中車がダメになり、歩いて移動しているとウォーカーの群れに遭遇し逃げる

・すると、かつてウッドベリーで利用していたウォーカーの落とし穴に落ち、そこにいたマルチネスと再開する
第6話終了

第7話:蘇る過去

・マルチネスは新たなグループのメンバーで、ブライアン達を受け入れてくれた

・そのキャンプは防御壁は無く、キャンピングカーなどで生活している

・ブライアンは物資の調達などを手伝い、グループに馴染んでいく

・そんなある日、ブライアントマルチネスがゴルフをしている時にブライアンがゴルフクラブでマルチネスを殴打、ウォーカーに食わせて殺してしまう

・過去の総督が蘇ったかのように次はリーダー格の一人を殺し、その兄弟を脅して自分がリーダーになる

・物資の調達や防御壁作りをしていくが、ある日ウォーカーがキャンプ地に侵入し危うい場面に

・このままでは危険だと思ってか、ブライアンはかつて敵対していた刑務所の様子を見に行く

・すると、その近くでハーシェルとミショーンを見つける
第7話終了

第8話:最後の決戦

・ブライアンはハーシェルとミショーンを捕まえていた

・キャンプの仲間に刑務所やリック達の存在、彼らが凶悪な人間だという事を話す

・ハーシェルやミショーンを人質にして仲間たちと刑務所を奪いに向かう

・一方、刑務所ではグレンやサシャの体調も良くなって、キャロルの件をダリルとタイリースに話そうとした時、ブライアンが攻めてきた

・ハーシェルとミショーンを人質に話をしようとリックと呼び出す

・刑務所をあけ渡せと言うが、リックは一緒に暮らそうと提案する

・リックが懸命に説得するが、イラだったブライアンがついにハーシェルを切り殺してしまう

・それをきっかけに銃撃戦が勃発する

・ミショーンはその場を逃げ、タラ達はブライアンに幻滅する

・戦車でフェンスを突き破り激しい銃撃戦になり、リックとブライアンは殴り合いの一騎打ちとなる

・リックが首を絞められ殺されそうになっているところをミショーンがブライアン(総督)に倒す

・刑務所はメチャクチャになりウォーカーまで侵入してきて、みんなバラバラになってしまった

・リックはカールを見つけるがジュディスがいない、ベビーカーだけが放置してあり2人は号泣しながらその場を逃げる

・結局、総督達はほぼ全滅し、刑務所の仲間たちはバラバラに逃げて、誰がどこにいるか分からなくなってしまった
第8話終了

この続きシーズン4後篇はこちらをチェック
【ウォーキングデッド】シーズン4後篇のあらすじ(ネタバレ注意)

シーズン4前篇の感想

シーズン4の第1話では、かつてないほど安心安全な生活で「嵐の前の静けさ」というタイトル通り穏やかでした。

しかし、そのすぐ後に今までには無かった感染症という新たな脅威でハラハラする場面も多く、見応えがありましたね。

沢山の人が犠牲になってしまいましたが、薬の入手で克服し、再び安心できると思った矢先、総督の復活劇です。

シーズン3から伏線があったので、また敵として現れることは誰でも予想がついたと思います。

ただ、まさか第8話があんなに激しい展開になるとは思わなかったのではないでしょうか。

総督を倒すことはできましたが、みんなバラバラになってしまって次の話がメチャクチャ気になる形で終わってしまいました。

ところで、グレンは感染では死ななかったですね。

人気キャラだけに安堵したファンも多かったのではないでしょうか。